アルコール飲料とどのようにして関わるのが良いのか | 血糖値を下げたい糖尿病に悩む方注目!サプリランキング

alt_02

アルコール飲料とどのようにして関わるのが良いのか

生活習慣病には高血圧症などがありますが、糖尿病もその内の一つに含まれています。インスリンの機能が弱まり糖分が溜まりやすい状況であると糖尿病になりやすいです。また罹患した場合、アルコール飲料の過剰摂取は禁物だと言われています。この病気は色々な合併症を引き起こす可能性があるので、注意が必要となります。

飲酒をあまりしてはならないとされる理由

糖尿病にかかると、アルコール飲料を多く摂ってはならないとされています。これには次のような理由があり、そうした飲料には熱量があるからだと言われています。つまり、アルコール飲料でカロリーの摂取が可能であるという訳です。それだけではなく、食欲を増進させる役割を持っていたり、インスリンの機能を低下させたりすることも理由として挙げられています。また胃液が出るのを促進する働きがあるために何かを食べたいという欲求が出てくるようになります。健康な人もお酒を飲み過ぎるのは良くないですが、糖尿病に罹患している人も同様です。

糖尿病でも飲酒できることがある

糖尿病に罹患している人の場合、お酒を飲んではいけないとよく言われています。確かにそうした人が健康的に生活するにはお酒を飲まないようにするのが理想的です。しかし、アルコール飲料を飲むのが好きな人も少なからずいます。その人にとってお酒を飲むことができないというのは精神的に辛いのではないかと考えられます。糖尿病だからといってお酒が飲めないのかといえばそうではなく、飲める場合もあります。お医者さんから飲酒しても良い旨の判断が下された場合は飲んでも差し支えがないです。その判断が下されるのは合併症になる可能性がないなどが上がっています。言うまでもなく、決められた量を守った上で飲酒することが重要です。

糖質がほとんどないアルコール飲料の場合

中には糖質がほとんどないタイプも存在していますが、このタイプの飲料を飲む場合はある程度の量のおやつを食べながら飲むのが適切です。これはアルコール分を先に分解した結果、低血糖にならないようにするためだと言われています。糖質がないタイプは文字通り糖質が含まれていないので、糖質を過剰に摂取にしないで済む上で優れています。しかしアルコールは存在しますので、糖質がほとんどないタイプを飲み過ぎるということも禁物です。今では熱量が非常に少ないとされるタイプも存在していて、お酒の種類も多様になりつつあると言えます。

まとめ

インスリンの働きを弱めることなどにつながるので、お酒を飲むことを控えるのが重要です。ただお医者さんからの許可をもらった上で、量を決めて飲むといったことを心掛けておけば心配は要りません。要は、アルコール飲料の飲み方に気をつけることが大切だという訳です。

TOP