糖尿病を予防するために自分の身体を動かそう | 血糖値を下げたい糖尿病に悩む方注目!サプリランキング

alt_02

糖尿病を予防するために自分の身体を動かそう

自分の身体のことを考えると、できることからスタートしたいと思う人も多いかもしれません。頭ではわかっていても、なかなか行動できないものです。身体の健康を守るためにも、少しずつ行動するといいかもしれません。

症状が出ている場合は専門医に相談する

大きな病気を防ぐために、さまざまなことを試みる人もいるでしょう。比較的健康な人が身体を動かすのはいいですが、すでに症状が出ている人や治療を受けている人は注意が必要です。身体の状態には個人差があるため、他の人にとって問題ないことでも、症状が出ている人には好ましくないこともあります。自分が行ったことで身体を傷つけないためにも、まずは専門医に相談してください。どの程度までの負荷が許容されるか、どのような運動が推奨されるかを知っておくと身体を動かすときに助かります。まずは自分の健康状態にあった運動量を見つけてください。

まずは簡単な運動からスタートしよう

病気の症状や治療等をしておらず、運動をしても問題ない人は簡単な運動から始めるといいです。糖尿病のように運動不足で身体の状態が悪くなるものもあります。本人は運動しているつもりでも、周りから見ると運動量が足りないことが珍しくありません。自分の感覚で判断するのではなく、時間や距離といった客観的なもので測るようにしてください。ただし、最初から難しい目標は立てないでください。若いときにスポーツをしていた人でも、最近身体を動かしていなかったのなら、簡単なことからスタートします。気持ちと身体は違うことを理解してください。

実はハードな運動は控えた方がいい

糖尿病などを防ぐために生活習慣を見なおしてくると、もっとハードなものを求めるかもしれません。トレーニングが増えるほど消費するカロリーが増える傾向にありますが、競技志向でないならそこまでする必要はないでしょう。健康目的でスタートしたのに、途中からハードな内容に切り替えると、身体への負担が大きくなることがあります。とくに膝や腰へのダメージが蓄積されることがあるので、健康のために身体を動かすなら大きすぎる負荷に気をつけてください。ジョギングなど、話しながらできるペースで行いましょう。自分を追い込まないことがコツかもしれません。

まとめ

健康のために身体を動かすことを目指す人は少なくありません。スポーツなどを行うときは、自分の身体にあったものを選んでください。大きすぎる負荷は別の病気を呼び込むことがあるので、軽く身体を動かすつもりで行いましょう。

TOP