糖尿病の症状とそのしくみについて | 血糖値を下げたい糖尿病に悩む方注目!サプリランキング

alt_02

糖尿病の症状とそのしくみについて

飽食の時代と言われている日本では日々の生活が原因でなる生活習慣病に罹っている患者数は非常に多く、糖尿病もその一つです。中高年の人だけでなく、今や若い人の間にも見られる病気です。放っておくと様々な合併症を引き起こす原因になりますので、早期発見、早期治療が大切です。

炭水化物の摂取と血糖値の関係は

糖尿病はその名の様に尿に糖分が混ざる病気だと思われる事が多く、実際それも症状の一つとして間違いではありません。では、なぜその様な状態になるのか説明します。まず私たちが炭水化物を摂取すると体内でブドウ糖に分解され、血液中から全身の細胞に運ばれエネルギー源として利用されていきます。この時、血液中にあるブドウ糖を血糖と言い、血糖の量を血糖値と言います。血糖値は、通常食事をして炭水化物を摂取すると血糖値が上がって満腹感を感じ、逆に運動などエネルギーを消費する事をすると血糖値が下がって空腹感を感じるようになります。よく空腹を紛らわすのに飴玉やチョコレートを少し食べる人も多いですよね。これは、そうする事で体内の血糖値が速やかに上がり空腹感が和らぐからです。

血糖値をコントロールするホルモン

通常、この血糖値は極端に高すぎたり、低すぎたりしない様にインスリンと言う血糖値を下げる働きのあるホルモンや逆の作用のあるホルモンなどによって体内で一定に保たれるようにコントロールされています。その為、健康な人は多少の日内変動はあれど、そこまで極端な変動は見られませんが、糖尿病の人だとこの血糖値が常に高い状態が続いています。これは血糖値を下げる役割のあるインスリンが上手く作用する事が出来なくなり、結果血糖値が高い状態が続き、血中や尿中に糖が溜まってしまうというわけです。こうなると本人にも様々な自覚症状が見られるようになります。

多くの人に見られる自覚症状とは

一般的によく見られるのが、まずトイレに行く回数が増える事です。これは糖が体内から出る時には水分と一緒に出ていくので必然的に尿量が多くなり、尿量が多くなると体内の水分が減り、脱水症状の状態になりよくのどが渇くようになり、中にはいくら飲んでも渇きが癒されないという人もいます。また、糖が尿と一緒に出ていくので体内の蛋白質や脂質が代わりにエネルギー源として利用され体重は減っていき、エネルギー不足もあり体が疲れやすくもなります。この他にも症状はいくつか見られますが、どれも自覚症状として本人が気づきにくく、発見が遅れる事も多々あります。

まとめ

糖尿病を早期に発見、治療する為には少しでも体に異変があれば楽観視せず、病院の医師に診てもらう事をお勧めします。食事療法や運動療法など治療方法は色々ありますが、どの方法も早めに行えばそれだけ早く体も楽になっていきますよ。

TOP