糖尿病は合併症の進行をどれだけ抑えるかが肝心です | 血糖値を下げたい糖尿病に悩む方注目!サプリランキング

alt_02

糖尿病は合併症の進行をどれだけ抑えるかが肝心です

糖尿病の合併症には、神経障害、網膜症、腎症の三大合併症があります。その他にも、心疾患、脳血管疾患も、頻度が高まるので注意が必要です。ただちに起こる症状ではありませんが高血糖を放置していると、次第に起こってくるのが一般的です。長期になるにつれ起こってきやすいですが、神経障害が先にきて、次に網膜症、もっと障害が進むと腎症が起こってくると考えられています。

全身くまなく現れる合併症が怖い

糖尿病で怖いのは合併症です。眼への影響として白内障、眼筋麻痺、虹彩炎などがあります。一番恐ろしいのは糖尿病網膜症です。網膜症は進行し悪化すると失明することもあります。そして、糖尿病性腎症も怖いです。初めは、尿に蛋白が出るだけで自覚症状はありません。しかしこの時期に治療を始め悪化させないために大切です。定期的に尿検査を受け、早いうちに糖尿病性腎症を発見し、治療することができます。尿に大量の蛋白が出て、蛋白質が減ってきてネフローゼ症候群といわれる状態になり、むくみや疲れやすいなどの症状が出始めます。また神経障害も怖いです。無症候性低血糖症、胃無力症による血糖コントロールの不安定化が起きたり、尿路感染症、重篤な不整脈、無痛性心筋梗塞、壊疽の感染などをひきおこします。自己管理の徹底が鍵です。

糖尿病は治らないからこそ上手に付き合う

病に負けない最善の手段は、言うまでもなく発症を未然に防ぐことです。遺伝的素因を持って生まれてきた人が、100%発症するわけではありません。発症には加齢、食事や運動の習慣、ストレスといった環境の要因も関係してきますので、努力してこれらの要因を軽減出来れば、発症を防止できる可能性もあります。 発症を完全に防ぐ事が出来なくても、進行を遅らせることが出来れば、合併症で苦しむ恐れを減らす事が出来ます。 運悪く発病しても、進む前に発見し正しい治療を続ければ、負けることはありません。 だから早期発見早期治療はとても重要です。 さらに、合併症も早期に診断して正しい対処をすればそれ以降の進行をくい止めることは可能です。発病以後の合併症対策についてもあてはまります。

食事と運動、薬をうまく取り入れ血統コントロール

現在のところでは、血糖コントロールをすることがもっとも確実な方法と言えます。もちろん食事療法、運動療法、飲み薬でも血糖コントロールは行えます。しかし、とくにインスリン療法が発展してからは、その効果は確かで、多くの臨床研究で証明されています。食事療法こそが治療の基本あり、薬より大切です。標準体重を割り出し、一日に摂取すべき適正カロリーを計算し朝昼晩の三食に分配します。更に三大栄養素のバランスをとり、ビタミンやミネラルなどが不足しないよう配慮して献立を決めます。また、筋肉を減らさず、脂肪を減らし、 健康的に体重を減らすためには適度な運動は欠かせません。そして食事療法や運動療法でコントロールがうまくいかない場合は、飲み薬やインスリン注射による治療が必要になります。

まとめ

糖尿病の患者さんは、病院に通院して、定期的に医師に適切なアドバイスを受けることです。きちんと血糖コントロールの状況を把握し、高血糖が悪化する徴候があれば、早急に対応することが大事です。合併症が進んでしまう前に、患者側が病気に対する正しい知識を持ち、しっかり医師の指導を受けるようにしなくてはなりません。

TOP