心配しすぎない気楽な糖尿病対策 | 血糖値を下げたい糖尿病に悩む方注目!サプリランキング

alt_02

心配しすぎない気楽な糖尿病対策

糖尿病という言葉は大人なら誰でも知っている病気でしょう。「あの人糖尿なんだって」「透析受けているらしいよ」「血糖値が高くて糖尿が心配」「あの健康食品がいい」なんてトークは健康関連がグッと増えてくる中高年の世間話には付き物ではないでしょうか。でも気をつけなければならないのは中高年だけではないです。老若男女、みな関係することなんです。

不摂生していた中高年だけでない様々な患者

そもそも糖尿病には1型と2型、二種類あります。1型は先天的な病気です。糖尿といえば本人の食べ過ぎや運動不足、不摂生のイメージがあり患者本人にも原因があると思われがちですが、この1型は違います。本当に不運な本人の生活歴に関係な先天的な病気なのです。先天的なのでまだ小さな小学生の患者もいます。先天的ゆえに生活改善しても意味がないので彼らは小さな頃から薬が入った注射を打つのです。ここまで幼い頃から否応なく苦労している1型患者のことを語りましたが、そんな彼らよりはるかに多い患者が2型患者。世間のイメージ通りの糖尿病患者です。2型患者ももともとの生まれつきの体質で糖尿になりやすいという方もいますが、最終的に不摂生が原因です。

やはり多い不摂生の果ての2型患者

世間のイメージ通り2型は食べ過ぎ、運動不足など生活が乱れたことが原因です。しかし若さを懐かしむようになったミドルエイジたちには身近な言葉「糖尿病」ですが、若い方や中高年の中にも我が身のこととして受け止めている方はそれほど多くないのではないかと思います。ですが30代でもなる人はなります。そんな方は10代20代の食生活からすでにその原因がはっきり現れているのです。糖尿病は痛みもなく自覚症状もありません。だからこそ意識して食生活を変えなければいけないのです。糖尿病になったら薬を打って、味が薄くて量が少ない食事しか食べられません。ですが、その一歩手前。お医者さんから怒られて生活改善を言い渡された段階なら、まだ楽しい食生活を送りながら健康を維持できるのです。

さまざまな食品をとって食生活を改善

糖尿病の食事改善で思い浮かぶものはなんでしょう。健康食品を連想する方もいらっしゃるでしょう。そのイメージ通り、健康食品もどんどん使うべきです。最近は多種多様な健康食品が出ています。自分の生活にあったものを探しましょう。医師から処方される糖尿病の薬は増えてきていますが、数々のラインナップから選べる健康食品はそれとは違う楽しみがあるはずです。そして当然食事の改善は言うまでもありません。これまでと同じような食生活とは涙を飲んでバイバイして、おいしくて健康的な食事を選びましょう。難しく考えなくても大丈夫です。大きなポイントは2つです。食べる品目を増やして、野菜やきのこ、海藻類を増やしましょう。その野菜やきのこ、海藻類から口にして、炭水化物は最後です。この2点から始めましょう。

まとめ

糖尿病は恐ろしい病気ですが、難しく考えないで日々のちょっとしたことから変えていけば防げる病気です。食べることが好きで運動は嫌いなんて方には憂鬱な話かもしれませんが、発症してしまって好きなものを食べられなくなるよりずっといいはずです。健康食品もつかって毎日少しずつ意識していきましょう。

TOP