糖尿病に試したいサプリメントは | 血糖値を下げたい糖尿病に悩む方注目!サプリランキング

alt_02

糖尿病に試したいサプリメントは

糖尿病は、一度かかったらずっと付き合っていかなければなりません。だからこそ、発症してしまう前に予防することが大切になってきます。その際に、食事療法や、運動療法のほかに自分で試すことが出来ることのひとつにサプリメントも挙げられます。

遺伝的な要素も大きいので気を付ける

糖尿病という病気は、後天的な要因ももちろんありますが、先天的な遺伝による発病の可能性が高い病気といわれています。両親が共に糖尿病の場合は、子供の発症確率は50%にもなります。どちらか一方が糖尿病の場合は、30%の確率で発症するといわれています。この病気になるとインスリンの分泌に障害が起こり、うまく細胞に吸収されなかったブドウ糖が血液中に多くなってしまいます。慢性的に血糖が高くなった状態が糖尿病です。基本的な知識を身に付けて、また自分がかかりやすい状況ならばそのことを念頭に置いておき、日頃から意識しておく必要もあるでしょう。

食事療法と運動療法を取り入れながら

予防として大切なことは食事と運動です。辛い食事制限をイメージされている方もいるかもしれませんが、違います。一日三食をバランスよく、腹八分目で食べることです。この心がけこそが、予防にとても効果があります。そして運動です。効果のあるのは有酸素運動です。有酸素運動には、水泳、エアロビクス、体操、早足でのウォーキング、遅めのジョギング、サイクリングなどがあります。運動するタイミングについては、一番効果的なのは、食後30分~1時間の間とされています。これは食事をしてあがっていく血糖値がピークを迎える時間帯です。運動によってブドウ糖が消費されるので、血糖値の過剰な上昇を防いでくれます。また、運動でブドウ糖が消費され始めるのに15分はかかりますので、最低でも15分以上やるように心がけましょう。

糖尿病に効果があるとされるサプリメントは

食事や運動が規則正しいバランスのとれた生活が基本ですが、やはり補助的に活用したいのがサプリメントです。不足しがちな栄養素を補給できますし、予防に効果が期待できます。糖尿病に効果があるとされているサプリメントはいくつかありますが、ギムネマ、桑の葉、ビタミンB群、クロムなどがよく取り入れられています。ギムネマや桑の葉はお茶として飲むことが出来ます。糖分の吸収を抑える効果もあります。クロムは、一般に欠乏症の心配のないミネラルですが、インスリンの働きを助けてくれる役目があります。あさりや牡蠣に多く含まれています。ビタミンB1は、食事で得た炭水化物を糖に変えるのに必要で、これを補うことによってエネルギー代謝を改善します。どちらかというと、直接ではなく間接的に糖尿病を予防する作用があります。

まとめ

サプリメントは手軽に摂れる反面、摂取量をオーバーしやすいと言ったデメリットも存在しますが、食事と運動などで気を付けた生活を送っている人にとっては、補助的に支えてくれ、効果が期待できます。効果的に使っていきたいです。

TOP