食品などで足りない場合に摂取を考える | 血糖値を下げたい糖尿病に悩む方注目!サプリランキング

alt_02

食品などで足りない場合に摂取を考える

クロム 詳細はこちら

クロムは、体の中に微量存在しますが、人によっては十分にない場合があります。足りていない場合は、健康食品などで補うとよいとされています。糖尿病であったり、他の生活習慣病の予防ができる場合があります。

日本と欧米では扱いが少し異なる

人間はすべて同じ様に見えますが、人種によって異なる部分もあります。日本人はアジア系といわれ、アメリカやヨーロッパの人は欧米系といわれることがあります。欧米においては糖尿病の問題があり、そのための薬の開発、健康食品の開発も進んでいます。その中で、クロムの有効性がわかりました。ですから健康食品も多く出されています。日本ではクロムそのものを健康食品にすることができない事情があります。そこで、それを含んでいる酵母を元にした健康食品を利用して効果を期待します。欧米の商品を輸入すれば、そのまま含んでいるものを利用することもできます。

インスリン抵抗性を改善することが可能

糖尿病は、数字上で病気の状態でもほとんど自覚症状はないとされます。ですから病院に行くこともありません。合併症などが起きて初めて気が付くか、健康診断で数字に問題が出てわかるケースが多くなります。糖尿病は、血糖値が上る症状がありますが、それはインスリンの分泌が良くないからです。そこで利用すると良い健康食品の成分としてクロムが挙げられます。良いところは、インスリン抵抗性を改善することです。肥満傾向になるとインスリン抵抗性が高まり、次第にインスリンの出が悪くなります。でもそれを改善する効果が期待されています。肥満気味の人であったり、血糖値に一定の数字の問題がある時には使ってみても良いでしょう。

糖尿病以外の生活習慣病にも効果

生活習慣病の代表選手ともいわれるのが糖尿病です。不規則な食生活、運動をあまりしない生活などをしているとなってしまうことがあります。生活習慣病には、血管に影響を与えるもの、内臓や脳に影響を与えるものなどがあります。栄養成分としてクロムがあり、体の中に微量ながらあります。でも少ないのであれば、摂取することで健康になれるかもしれません。糖尿病の症状の改善が期待できるだけでなく、コレステロールの代謝を進めたり、たんぱく質の代謝を進める役割も期待できます。欠乏すると良くありませんから、足りない場合は健康食品などから補う必要があります。

まとめ

糖尿病の症状に良いとされるのがクロムで、含まれている健康食品を摂取することで足りない分を補うと良いとされています。インスリンの抵抗性を改善することが期待でき、高血糖の状態を改善できる場合があります。

オフィシャルサイトはこちら
TOP